FX

天井圏での三尊はFXで狙え!

三尊はトレンド転換のシグナルとして有名です。
更に、三尊は天井圏で出ることによりその後下降していくシグナルとして使用できます。

為替ニュースでは「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれているもので、国内のニュースでは「三尊天井」と言われています。

どの様に三尊が作られ、どう狙っていけばいいのかを今回は記述していきます。

三尊の作られ方

チャートを見ていると、あらゆるところで三尊の様な形になっているものを見かけると思います。

三尊が形成されてから気づく人が多いと思いますが、形成されてから気づいてもトレードには反映させ辛い物です。

なので、まずは作られ方を覚えましょう。

①上昇トレンド中に高値を付けて一度反転。

②谷を作るように反転し、その後①の時に作った高値を更新し上昇。

③二つ目の山を形成します。この後再び下がりますが、ここでの戻りは②の時の下落より高いところで反発し谷を作ります。

④最後に、三つ目の山になるところまで上昇します。

最後の上昇のパワーは小さく二つ目の山を上回る事無く失速して下落します。

狙い目

上記「三尊の作り方」の③で作った谷がレジスタンスラインになることにより、その後そこを意識して下降する。

バイナリーオプションでは、そのポイントでの反発を狙って打つことも可能で、FXでもポジションを持つことができる。

また、三尊形成時に出来た谷と谷を結んで作るラインを三尊形成後、上に抜けなければ売り目線が強く、ショートで追うことができる。

利確目安として筆者が見ているのは、左ショルダーとヘッドの間の谷からヘッドの値幅の等倍下に出してくることが多いと見ている。

三つの山から天井の確認

高値圏や、安値圏など目立った場面では売りと買いが拮抗します。

「まだ上がる」と見る買い勢(上昇圧力)と、「もう下がる」と見る売り圧力(下降圧力)がぶつかり合い山と谷を形成します。

三尊天井では、右ショルダーとなる三つ目の山が二つ目の山を抜けないかどうかが大切です。

ヘッドを超える事無く谷を作り、そこから再び反転したとしても、谷同士で引いたラインを抜ける事が無いなら上昇する力より下降する力の方が強い事が分かります。

この谷同士で引いたラインは、トレンドラインでいうと下値支持線に似た役割をしています。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

三尊の作られ方が分かれば、いち早く形成に気づくことが出来優位性のあるトレードをすることが出来ます。

右ショルダーが形成されている途中で気で気づくことが出来たら、よりpipsを取ることができますね!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。