バイナリーオプション

バイナリーオプションにおいて狙うべきポイントはここだ!

バイナリーオプションにおいて狙うべきポイントは決めていますか?

今回はなぜ狙うべきポイントを定めたほうがいいのか?
どういうとこで狙えばいいのか?

についてお話ししていきたいと思います。

相場は3つの要素で動いている

相場は3つの要素で形成されています。

・レンジ
・トレンド
・ブレイク

相場は必ずレンジを作り、ブレイクし、トレンドを形成します。

トレンドとレンジとブレイクの心理的な考えを簡単に説明すると、
まずレンジでどっちに行きたいか迷って、ブレイクし、その後にその他の人たちもついてくることによってトレンドが作られます。

そしてまた力がなくなるとレンジを作って、再びトレンドを作ります。

この繰り返しです。

まずは、自分がこの3つのどこでエントリーするのかを明確にする必要があります。

トレンドとレンジの割合

相場は3つの要素があるとお話ししましたが、
基本2つの要素がこのような割合でチャートを作っていきます。

レンジ:トレンド=7:3

レンジが7でトレンドが3です。
相場は基本レンジで出来ています。

このことからも相場は基本的に買い手と売り手が戦って、力が強いほうがブレイクさせます。
そしてまた力がなくなったら戦いが起きるのでトレンドが多くなるのは納得ですね。

これを踏まえて今回のテーマである狙うべきポイントについて解説していきたいと思います。

どっちでエントリーしたほうがいいの?

これは本当に人それぞれだと思います。
私はトレンドで取引することが多いですが、レンジで取引を行ってしっかり利益を上げている人もいます。

基本的にバイナリーオプションの手法は大きく分けて2種類に分類されます。

・ライントレード
・サイクルトレード

相場の多くを占めるレンジで取引を行うライントレード。
トレンド中に一定の動きをしているときに取引を行うサイクルトレード。

「こっちのほうが強い」ということではありませんが、
初心者の方はサイクルトレードを行うのがいいでしょう。

理由は簡単で、
一定の周期で上昇、または下落している時に狙う手法なので、
相場を深く理解していない方でも比較的利益を出しやすいからです。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

相場はレンジ、トレンド、ブレイクの3つの要素で作られており、
基本的にはレンジは7、トレンドは3の割合で作られています。

またレンジは様々な心理が入り混じって形成されるものなので、
初心者の方はトレンドで取引を行っていくのがいいでしょう。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。