基礎・基本

ローソク足の基礎|今さら聞けないローソク足の見方を徹底解説

為替や仮想通貨、株などの値段の推移を表すものをチャートと呼びます!
このチャート中でも、代表的なものがローソク足と呼ばれるものです。

ローソク足は、現在の為替レートがどの位置にあるかが一目で分かる代表的なチャート分析の1つです!

シンプルですが、チャートの中でも重要な情報が詰まっているので、見方や作られ方を覚えていきましょう♪

ローソク足から「4つ」の値を読み取る

その名の通り、ローソク足はローソクに似た形で作られており、1本のローソク足は、ある一定期間の値動きを表しています。

例えば、1日の価格変動を1本のローソク足で表している者を、「日足」と呼び、一週間の値動きを表すものは、「週足」、4時間の値動きを表すものは、「4時間足」と呼びます。
この様に期間ごとに呼び名が変わるので要注意です。

1本のローソク足には、その期間中の始値、終値、高値、安値の4つの値段が同時に表されています。

※始値(最初についた値)、終値(最後についた値)、高値(最も高かった値)、安値(最も安かった値)

ロウソク足説明
この4つの値段を合わせて、4本値と呼ばれています。

実体?ヒゲ?

ローソク足は「実体」と「ヒゲ」という二つの物から構成されています。

四角くなっている胴体の部分を「実体」と呼びます。

終値が始値よりも高くなった時(値上がりした時)は、その実態が青くなります。
逆に、終値が始値よりも低くなった時(値下がりした時)は、実体の部分が赤くなります。

この、値上がりしたローソク足を「陽線」、値下がりしたローソク足を「陰線」と言います。

実体から上下に伸びる線は「ヒゲ」と言います。
これがローソク足の高値、安値を表してくれています。

ヒゲは始値や終値よりも高値が高い時、又は、始値や終値よりも安い時に、実体の上下に伸びるものです。

同じローソク足でも値動きが違う?

ローソク足は形が同じでも、形成時の値動きが全て同じとは限りません。
下の図をご覧ください。

ローソク足パターン

パターンA、パターンBがありますが、パターンAは始値をつけ、一度下げてから、上昇に転じています。

それに対し、パターンBは始値をつけ、一度上昇してから、下降に転じています。

結果から見ると同じですが、見てるローソク足が形成時にどの様な値動きをしてその足を作ったか見ておくと、環境認識をする際に便利になります。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

ローソク足はチャート分析する上で必ず覚えた方が良いものです。
単純なものに見えがちですが、奥が深いのでしっかりと覚えて相場に挑みましょう!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!