基礎・基本

並びのローソク足|並びのロウソク足から相場を読み解く

メッセージを読み取れてますか?

ローソク足、一本一本から相場のメッセージが出ていることは皆様ご存知でしょうか?

ローソク足は一本でもメッセージを発信していますが、二本並んだローソク足は一本のローソク足より、並び方次第でより強いメッセージを発信してくれます。

今回は、その中でも代表的な例を紹介していきます。

代表的な組み合わせパターン

かぶせ線

大陽線のローソク足に続き、その大陽線の中心付近まで終値が下落した陰線が来ることを「かぶせ線」と言います。

初めの大陽線ほどの上昇の強さを次の段階では保てず、勢いが弱くなり下落するので、このような現象になります。

これは、上位足の高値圏で出現するほど強く、天井を打った可能性が高いというメッセージを発信しています。

反対語:切り込み線

切り込み線

大陰線に続き大陽線が出現し、その大陽線の高値の部分が、先に出ている大陰線の中心より上に位置するものを「切り込み線」と言います。

大きく下落した後に、大きく上昇したことを表すもので、下落する力よりも上昇する力の方が強く、相場が下げづらくなっている現象です。

これは、上位足の底値圏で出現するほど強く、底を打ち、上昇に転じる可能性が高いというメッセージを発信しています。

反対語:かぶせ線

はらみ線

大陽線の後に、その大陽線に収まる小陰線が出た場合が「陽のはらみ線」と呼ばれ、
逆に、大陰線の後に、その大陰線に収まる小陽線が出た場合が「陰のはらみ線」と呼ばれています。

「陽のはらみ線」は、底値圏で出た場合、底打ちの確認となる傾向があります。

「陰のはらみ線」は、高値圏で出た場合、天井の確認となる傾向があります。

出合い線

前のローソク足の終値から大きく放れて、新しいローソク足が始値をつけるが、そのローソク足が形成を終了した時の、終値は前のローソク足の終値付近まで近づいている形を「出合線」と言います。

先に陽線が出て次に陰線が来るなら下落を示唆しており、逆に、先に陰線が出て次に陽線が来るなら上昇を示唆しております。

毛抜き

陽線、陰線の順で並び、二本の高値がそろった場合で、これが高値圏で出現した場合は、天井を打ったというメッセージを発信しています。

逆に、陰線、陽線の順で並ぶもので、二本の安値がそろった場合で、これが底値圏で出現した場合は底打ちをしたというメッセージを発信しています。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

ローソク足は常にメッセージを発信しており、私たち投資家に相場で勝ち抜くヒントを沢山与えてくれているので、そのヒントをしっかりと読み取ることが出来るようになると勝率も上がると思います♪

過去チャートから確認するのも良いですが、リアルに動いているチャートで確認するとまた新たな気づきも見つかるなので、常にローソク足形成時の動きも確認することが大切です!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!