基礎・基本

酒田五法でチャート分析|日本が誇る分析方法酒田五法を徹底解説

チャートの分析方法も数多く世の中に排出されていますが、その中でも日本が世界に誇るチャート分析方法

「酒田五法」
を今回ご紹介したいと思います。

酒田五法とは

そもそも、「酒田五法って何?」という方も多いと思うので、そこから説明していきたいと思います。

当時、江戸時代にも相場が存在し、その相場の投資対象が米でした。
その米相場で投資手腕を発揮した「本間宗久」という人物が作ったのが、「酒田五法」です。

チャート分析の中でも、ローソク足チャートの分析に応用されます。

ちなみに、ロウソク足チャート分析の原点とされています。

酒田五法5つの分析基礎

酒田五法は、その名の通り5つの分析方法があります。

三山

別名「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれるものです。

相場が上げと下げを繰り返すことで、3つの山を作り、3回天井をつけてから崩れ落ちる形を「三山」と言います。

最もよく使われる形は、3つの天井の中で真ん中が一番高い「三尊天井」と言われる形です。

三山

また、これの逆で、相場が3つの谷を作り、3回底をつけてから上がる形を、「逆三尊」といいます。

逆三尊

これらは良く相場にも出現するので覚えておきましょう。

三川

3本のロウソク足を使い、相場の転換線を示すシグナル(合図)を確認できるものです。

「宵の明星」と「明けの明星」が最もよく使われているとされるもので、
「宵の明星」が、下降トレンドへの転換を示唆し、
「明けの明星」が上昇トレンドへの転換を示唆しております。

三川

三空

上位足ではなかなか確認し辛い形ですが、隣り合わせのローソク足と前のローソク足とかぶらず「窓」を3つ空けて上昇、または下降していく形です。

上放れなら上昇、下放れなら下降のシグナルです。

三空

※窓とは前のロウソク足と間隔を開け、始値がついたこと

三兵

陽線が三本続けば「赤三兵」、陰線が三本続けば「黒三兵」と呼ばれています。

「赤三兵」は大きな上昇トレンドの前兆と見られ、「黒三兵」は下降トレンドへの転換シグナルとされています。

三兵

三法

大陽線の後に三本の小陽線、もしくは小陰線が連なったところへ、再度大陽線が出現した形を「上げ三法」と呼びます。

最初の大陽線の後に続くローソク足は、陽線や陰線どちらでもいいですが、最初にでた大陽線の下回ることはありません。

再度大陽線が出現しますが、この大陽線の高値は最初の大陽線の高値を更新します。
これは上昇トレンドを示すシグナルとなります。

また、これの逆の形が「下げ三法」と呼ばれるもので、下降トレンドのシグナルとされます。

三法

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

酒田五法は絶対ではないですが上位足で出現すれば、パターン通りに動く可能性が大きいです。
なので、是非頭に入れておいてください♪

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!