バイナリーオプション

バイナリーオプションの勝率アップ!?エントリーポイントを探せ!

この記事は投資を推奨するものではなく、確実に勝てる方法ではないのでご理解の上でご覧ください。

バイナリーオプションでは人それぞれ様々な手法があると思います。

今回の記事は様々な手法の中でも勝率アップにつなげる事が出来るかもしれないマインド、手法を記述していきます。

FXの利確ポイントを考えよう

チャートはバイナリーオプションでは動いておらず、FXや原油、金、輸出輸入で動いています。

なので、バイナリーオプションでのエントリーはFXのエントリーの心理と、利確時の心理を理解しておくことが重要です。

単純な話で売りより買いが強ければ上がりますし、買いより売りが強ければ下がります。
その中で一時的な反発を狙うのがバイナリーオプションでの取引になります。

相場には騙しも多数存在していますのでどこを見ればいいのか分からない。
と思ってる方も多いと思っています。

そこで!私がまずはここから始めてみて欲しいと思っているところを記述していきます。

まずはここに注目!

以前別の記事でも記述させていただきましたが、初心者の方はキリ番に注目すると良いと思います!

キリ番は自ずと意識される価格帯になりますので、そこでの心理が読み取れるかどうかが最重要課題となります。

ですが、意識されているから必ず反発するという物ではないので、そのことを必ず念頭に置いておいて下さい。

じゃあ、バイナリーオプションでどうエントリーすればいいの?
と思う方が多いと思います。

最初に記述した通り、バイナリーオプションは一瞬の反発を狙うものです。
その反発は、見ている時間足によっても変わってくると思いますが基本的には5分足や15分足の髭を取りに行く形になります。

エントリー参考例

ここからはあくまでエントリー例の話をしますので、これを参考に練習をして下されば幸いです。

まずは下の画像をご覧ください。

ロールリバーサルロールリバーサルの一例です。

チャートはEUR/JPY5分足で、紫色の水平線が123.00円に合わせて引いてあります。

赤色の下矢印でLowエントリーをする形になります。
ではなぜそこで、エントリーをするのでしょうか?

理由としてあげられるのは、123.00円を下に抜ける前に何度も反発を繰り返しておりこの価格帯で売りと買いが拮抗しているのが分かります。

売り買いの拮抗の末、買い勢が負けて一度下に下がります。
その時買いでポジションを持っていた人たちは、どうしよう手放そうかな…と考えるはずです。

そして、ポジションが手放されるタイミングが、一旦価格が戻ってきた123.00円のキリ番になります。

そのタイミングで買い勢がポジションを手放す=一時的に下がる

という方程式が完成します。
よって、この様なポイントがFX勢の心理が理解できエントリーポイントとなりうる場所となるのです。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

エントリーポイント例としてロールリバーサルを挙げましたが、バイナリーオプションにはまだまだ沢山のエントリーポイントがあります。

何処でエントリーすればいいか分からない…
という方はFX勢の心理を読めるように勉強しましょう!

心理は全部読めなくても大丈夫です。
自分が得意なパターンを見つけ、そこを待つことが大切です!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。