基礎・基本

二点底は相場の底になる!?FXでロングポジションを持つ場所!

ダブルボトム(二点底)と呼ばれるチャートパターンはその時の相場で底を示している可能性が高い買いシグナルの1つです。

今回の記事は、ダブルボトムの習性と上昇に転じる理由、そしてその後どの様に意識されるのかの三点を記述していきます。

二点底から見る相場の習性

二点底は同じ最安値を二度つけて反転するその形は、大底を打ったことを示す可能性が高いです。

下の画像をご覧ください。

ダブルボトム
青色の丸で囲われている部分が二点底になります。

この様に一度二つ底をつけてから、しっかり上がっていく事が多いです。
一度つけた底から上昇し、戻り高値をつけてもう一度底を作る動きをし始めたらチャンス到来です!

ダブルボトムをつけてから上昇に転じており、その後戻り高値を割って下落してきていますが、ダブルボトムの安値まで戻ってくる事無く大きく上昇していってます。

ですが、二つ底をつけたからといって即ポジションを入れてはいけません。

戻り高値を越えなければ下げの力が強く、ダブルボトムが崩れてしまいます。
なので、しっかりと戻り高値を超えて、上昇の力を確認してからポジションを持つことが大切です。

なぜ上昇の力に転じるのか

ダブルボトムは二回も直近最安値をつけたにも関わらず、そこから反発して上昇に転じています。

これは投資家の買い意欲が強烈に上昇していることが考えられます。

上位足でのダブルボトムの出現が特に強力で、数年ぶりに最安値を二回つけてからの上昇等、節目突破時は上昇エネルギーが非常に高くなります。

要するに、ダブルボトムという形は、世界中の投資家が認知しており意識されている形ということが分かります。

なので、最安値を二回もつけてしまっても逆にそこが意識されて大きな上昇に転じる事が多いのです。

二点底をつけた価格帯のその後は…

二点底をつけて上昇をした後、いつかはその通貨もまた下落に転じますよね?

ではその下落した先にどの様に意識されるのでしょうか?

ダブルボトムを形成後上昇していくので、戻ってくるまでは時間がかかりますが戻ってきたときダブルボトムを形成した価格帯は意識され、一度反発がかかる可能性があります。

この様な所をバイナリーオプションで狙うのもいいかもしれませんね!

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

ダブルボトムは下落時に出現するチャートパターンで、本当に上昇するのか?
と不安になることもあること思います。

不安な方は特に上位足でのダブルボトムの出現を意識して見て下さい。
ダブルボトムが如何に意識されているかが分かると思います!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。