基礎・基本

トレードをやめれば利益が出る!?ポジポジ病の恐怖

FXやバイナリーオプションをしていると、
「ポジションを持ってないと損している」という気持ちになっている人が多いと思います。

「あっ…なってる…」
と感じたあなた!

その現象は「ポジポジ病」にかかってしまっています。

今回の記事は「ポジポジ病」にかかっているデメリットと、それの治し方を記述していきます。

ポジポジ病とは

「聞いたことはあるけど、どういう意味?」
と思っている方も多いと思います。

ポジポジ病とは、その名の通りポジションを持ちすぎてしまう病気です。
「せっかくチャートを見てるのだから、ポジションを持たないと勿体ない」

と思ってしまい、読めていない相場でポジションを持ってしまう事です。

何がいけないの?

ではポジポジ病の何がいけないのでしょうか?

「上がると思うから…」
「下がると思うから…」

という直感でトレードをし勝ててしまう事があると思います。

それがいけない事です。

「え!?勝ててるからいいじゃん」
と思ったあなたは、既にポジポジ病重症患者です。

確かに勝てる事はあるかもしれませんが、当然負けもついてきます。

読めてない相場で勘を使い取引を行っているのです。
単純に考えて、負けの方が多いのは当然ですよね?

そもそも、投資は勝率が高いギャンブルに近い物です。
それを勘だけで取引するのは、ただのギャンブルに過ぎません。

これを見て否定したくなる気持ちも分かりますが、その気持ちを抑えて相場と向き合って頂きたいです。

どうすれば治せる?

ポジポジ病は精神面での病気ですので、100%絶対治るというものはありません。
なので、治る可能性がある治療法を記述していきます。

①勘でエントリーしようとしたポイントを検証する

私はこれでポジポジ病を克服しました。
「勘」とは言えど、自分の中でなにかしら根拠を組み立てていると思います。

その勘が正しい手法、相場の見方として使えるのかをひたすら過去チャート、現在動いているチャートから検証します。

これをすることによって、結果的に取引チャンスを増やすことが出来ます。

取引チャンスが少ないからこそポジポジ病になってしまうのであって、
取引チャンスが増えれば、だんだんとポジポジ病も治ってきます。

②口座資金を普段より減らす

この方法も大分有効的です。
具体的には、普段エントリーする時に使っている金額3発分くらいを入れて置くのが大切です。

これをすることによって、無駄打ちを減らさなければ口座が0円になってしまうので、ポジポジ病が治るだけでなく、トレードの精度が上がるので非常にお勧めです。

以上2点がおすすめの克服法です。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

トレード初心者の方はかなりの確率でポジポジ病になってしまうと思います。
克服するまでには時間がかかってしまいますので、しっかりと向き合っていきましょう。

「休むのも相場」とはよく言ったもので、読めない相場は手を出さず、相場検証をしたり一息ついて休むことにしましょう♪

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。