基礎・基本

バイナリーオプションでのインジケータの使い方

バイナリーオプションにおいてのインジケータはどの様なものなのか簡単に説明すると、エントリーポイントを明確にしてくれるサインみたいなものです。

では、インジケータとはどういうものなのかを具体的に説明していきたいと思います。

インジケータとは

インジケータとは先ほども説明した通り、エントリーを明確にしてくれる便利ツールみたいなものです。

インジケータといっても様々な種類がありますが、よくバイナリーオプションをしている人が使用するものはオシレーター系と、トレンド系だと思います。

ここでよくわかんないと思われる方は、インジケータにはたくさん種類があって、オシレーター系と、トレンド系のインジケーターがよく使われているんだなって思ってもらえれば大丈夫です。

では、トレンド系とオシレーター系のそれぞれの内容を説明していきたいと思います。

トレンド系のインジケータ

トレンド系のインジケータは、その名前の通りトレンドを表してくれるインジケータです。

代表的なものに

・移動平均線(MA)
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・パラボリック

などがあります。

何を使えばいいというわけではありません。
これはホント人それぞれで、その人の手法によって変わります。

自分の手法がどういうときに勝ちやすいのか?負けやすいのか?
インジケータがどんな時にエントリーすれば天井をとりやすいのか、底をとりやすいのか。

あくまで、エントリーするときの一つの水準としてみましょう。

オシレーター系のインジケータ

オシレーター系のインジケータは相場反転の目安を教えてくれるものです。

代表的なものに

・RSI
・CCI
・ストキャスティクス
・MACD

があります。

しかしこれは目安であって必ず反転するわけではありません。

もし反転したとしてもバイナリーオプションでは決められた時間までに戻ってくる必要があります。

そのため、私自身もオシレーターは使用していますが、一つの水準としてみるようにしています。

インジケータは組み合わせると強くなる?

インジケータは相性のいいもの同士を組み合わせると確かに強くなります。
というのも、インジケータの組み合わせには相性というものが存在します。

インジケータはローソク足をどのように計算するかで変わってきます。

そのため、だましを少なくしてくれるインジケータの組み合わせというのも存在するわけです。

なので、もしあまりインジケータのことが理解できていない人はまずインジケータの計算式を理解してみましょう。

そうすると、相場の見方が大きく変わると思います。

まとめ

今回の記事はどうでしたでしょうか?

今回はインジケータとは何なのかについてお話しさせていただきました。

インジケータとは、便利なツールです。
使い方次第ではほんとに強くなります。

しかし、結局はローソク足から作られています。

つまり、本質はローソク足にあります。まずは自分が使用しているインジケータはどのような計算式で出来ているのかを理解できれば、現在使用しているインジケータをもっと有効的に活用できるのでしょう。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!