FX

FXにおいて大切なことは負けないこと!

FXだけではなく投資において大切なことは負けないことです。

投資を始めたばかりの人にありがちなことですが、
投資は「早く利益を上げたい!」だけではいけません。

今回は投資で安定的に買っていくためのマインド設定について解説していきたいと思います。

常にポジションを持っていたいはNG!

マーケットには、はっきりした動きはない「わからない相場」の日が必ずあります。

そんな日はどうするのか?

FXトレーダーが陥りやすいのは、「常にポジションを持っていたい病」です。
24時間マーケットは動いていますから、大抵はどこかのタイミングで大きく動くことがあります。

そんな時にポジションを持っていないと「すごく損した気分」になってしますが、それはリスクでしかありません。

本当に儲かっている人はどうしているのか

本当儲かっている人はこの病気にかかっていないのです。

「動かない」「方向感がない」ときに無理に取引を行ってしまうのは本当に危険です。

儲かるトレーダーはそんなことは絶対にしません。
相場の方向感がつかめるときにだけトレードします。

これだけで十分儲けを重ねることは可能なのです。

休むとよいことがある

常にポジションを持っていたい人は、自分の保持しているポジションが儲かる方向にマーケットが動いてほしいと祈ります。

それがかなわず逆にいけば、今度はナンピン買い(平均購入価格を下げるためにポジション尾の買値よりもレートが安くなった時に追加購入すること)

をして、保有ポジションをさらに増やします。
しかし、そんなことをして逆の方向にさらに進んだら、損失を拡大させけがを大けがにしてしまいます。

そういう人のほとんどが、都合よく相場を見てしまいますので冷静な判断ができなくなります。
そして後から振り返ってみて、「こんなとこで取引するなんて」と後悔します。

そんな時は「ポジションを持っていたい」という気持ちを抑えて、トレードを休むと客観的にマーケットを見ることができます。冷静にチャートを眺めながら次の一手を考えましょう。

まとめ

今回の記事はどうでしたでしょうか?

相場において大切なものは、技術はもちろんメンタル管理も大切になってきます。
「ポジションを常に持っていたい」そもそもこの考えの人は自分のエントリーの水準が明確化されていないので、一度自分のエントリー水準を見直してみるといいでしょう。

それでも負けることは必ずあります。
その時に、如何に自分を正常に保てるかがカギになると思います。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!