FX

バイナリーオプションはFXトレーダーの心理を理解すれば勝てる?!

バイナリーオプションはFXトレーダーの心理を理解すれば勝てます。

バイナリーオプションとFXは全く関係ないと始めたばかりの人は思いがちですが、
実際そうではありません。

FXとバイナリーオプションの違いを踏まえて解説していきます。

FXとバイナリーオプションの違い

FXは入り口と出口を決める必要があります。
バイナリーオプションの出口は証券会社側で決められているので、入り口だけを決める必要があります。

また、FXは証券会社を通して直接相場にお金を入れるので、相場の値動きに直接影響してきます。

しかし、バイナリーオプションは証券会社が相場のチャートを引っ張ってきて、
そのチャートにユーザーは投資をします。そのため勝つ人が多ければ証券会社は損益になり、負ける人が多ければそれが証券会社の利益になります。

つまり相場を動かしているのは、直接相場に影響を与えるFXトレーダーたちなのです。

FXとバイナリーオプションの基礎は同じ

相場はFXトレーダーが動かしていると説明しましたが、初心者の方はバイナリーオプションとFXは全く関係ないと勘違いして、バイナリーオプションの手法だけを勉強する人が多すぎます。

しかも巷のバイナリーの手法はFXトレーダーの心理を一切考えておらず、
インジケータの使い方を教えている詐欺みたいなものばかりです。

本当に勝ちたいなら、FXの勉強をまずは自分でするべきでしょう。

FXを勉強する前に抑えておきたい内容を軽く説明します。

FXトレーダーの心理を考えよう

FXトレーダーの心理を考えたことはありますか?

FXトレーダーがポジションを持つとき何を根拠にしているのか?
どういった時にポジションを手放すのか?

これらの考え方はバイナリーオプションにおいても大切な分析材料になってきます。

FXの出口というものは短期的に反応する場所になってくるので、
そういったところをバイナリーオプションでとっていくことは可能です。

つまり、FXトレーダーの新規の入り口と、ポジションを保有していてそれを手放すタイミングがバイナリーオプションのエントリーポイントになってくるのです。

まとめ

今回の記事はどうでしたでしょうか?

バイナリーオプションとFXの違いは証券会社の仕組みと直接相場に影響するかしないかです。

なので、FXの心理はバイナリーオプションの取引においても、とても重要なものになってきます。

FXの心理を考えれるようになることでバイナリーオプションにおいても取引できる回数が増えたり、より根拠が硬いところで取引できるようになるのではないでしょうか。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください!