基礎・基本

バイナリーオプションでシグナルツールは勝てない?!

バイナリーオプションにおいてシグナルツールは勝てない?

答えは「NO」です。

まずはシグナルツールがどういう風にできているのか、理解しましょう。

シグナルツールとは?

シグナルツールとは計算式の元、一定のポイントでシグナルを出してくれるものです。
専門的な言葉にはなってしまいますが、例えば

「RSIが30以下で、ボリンジャーバンドの-2σをローソク足がぶち抜けている時」
という計算式をプログラムすることでその条件を満たしている場合のみ、
シグナルを出してくれます。

なぜシグナルツールは勝てないと言われるのか?

それは巷で売っているシグナルツールがほとんど詐欺だからです。

「勝率95%!簡単に稼げる方法。。。」

このような謳い文句ばっかりです。
まず投資は簡単に稼げるという考えはやめましょう。

その考えのままで、あなたが投資でご飯を食べていける日は来ないでしょう。

シグナルツールは良くて勝率60%

先ほども説明しましたが、シグナルツールは一定の計算式の元表示されます。
その一定の計算式で勝率70以上はまず無理だと考えたほうがいいでしょう。

なぜなのか?

それは相場はが動かしているからです。

もしも勝率95%なんて数字のものをみんなが使ったらどうなりますか?
相場はお金の奪い合いなのに奪う相手がいなくなりますよね。。。
そういうことなんです。

相場は常に変化し、誰かが儲け、誰かは損をしているんです。

そんな中一定の計算式で勝率60%は十分にすごいことなんです。

シグナルツールの本来の使い方

大切なのは2つです。

・シグナルツールの勝率を把握すること
・シグナル通りにエントリーしないこと

1つ目ですが、シグナルツールは過去統計上の勝率を把握したうえで使いましょう。

いくらシグナルがエントリーするポイントを教えてくれるとはいえ、
勝率が50%を下回っているポイントでエントリーするのは、エントリーする前から勝率を下げている様なものです。

2つ目の「シグナル通りにエントリーしないこと」ですが、
優秀な勝率60%のシグナルツールでも残りの40%は負けるということです。

勝率60%のシグナルツールでも、計算式では再現できない勝ち負けの共通点が必ず存在します。
それを自分で検証して理解することが大切です。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

シグナルツールは一定の計算式の元表示されるため、よくて勝率60%です。

またシグナルツールを使うから負けるんではなく、

シグナルツール通りにエントリーするから負けてしまいます。

なので、シグナルツールをシグナルツール通りに使うのではなく、

もっと根本的な、「勝ちの共通点」「負けの共通点」を見つけ出すことがシグナルツールで利益を安定的に出すための唯一の方法です。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからシェアしてください。