FX

初心者必見!三角保ち合いからの上昇パターン3選

相場を見ていると、だんだん値動き小さくなるような場面を見る事があると思います。

大きい値動きからだんたんと値動きが小さくなっていくこと、これを「保ち合い」と言います。

保ち合いはブレイクすると大きなトレンドに入ることが多いので、FXで勝つためには、いち早く保ち合いを見つけることも重要になってきます。

そんな「保ち合い」には、上昇パターン、下降パターンがありその中にもいくつか種類が存在します。

今回は、様々な種類の中でも、覚えておくべき上昇パターンの保ち合いを3つ紹介していきます。

上昇三角形

上昇トレンドの途中で出現しやすい形です。

最初に下のチャート図をご覧ください。

上昇三角型

上値抵抗線は水平線で引けるものになっており、下値支持線が右肩上がりで三角形を作ります。

三角形の右先に行くほど、値動きが小さくなり、上にブレイクして上昇トレンドを継続させることが多いです。

安値の切り上げが行われていることから、市場参加者の心理が売りの意識より買いの意識が高まっていることが分かります。

その上で、今まで蓋をしていたものが外れるので買い圧力が高まり上昇トレンドになることが分かります。

上昇ペナント

急激な上げの直後に出現しやすい形です。

こちらも、下の図をご覧ください。

上昇ペナント

これは直前の棒上げを起点として、二本のトレンドラインを引いたときに見えてくるもので、上値抵抗線と下値支持線で三角形が作れます。

この三角形の先に近づけば近づくほど、値動きが小さくなっていき大きく上放れします。

上昇ペナントは、強い上昇シグナルと言われていますがブレイクするまで気づけないパターンが多いです。

なので、大きな棒上げの上昇があった後は注意深く相場を監視しましょう。

上昇フラッグ型

下降のレンジに見える物です。

こちらも、下の図をご覧ください。

上昇フラッグ型

上値抵抗線と下値支持線が並行して下降していくパターンです。
上昇トレンドの中でこのパターンが出現すると、押し目買いのチャンスになります。

また、上位足でこのパターンが出た後は、「N波動」を出しやすく、上値抵抗線を抜けると大幅な上昇のチャンスになります。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

保ち合いのパターンを頭に入れておくだけでトレードのチャンスが大きく広がります!
普段狙えなかったポイントも狙えることが出来たり、大きく値幅も抜ける事が出来ます♪

初めからすべて覚えて意識するのは難しいので、1つづ確認しながら覚えていきましょう!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。