FX

グランビルの法則|売買のタイミングが分かるグランビルの法則

「グランビルの法則」初めて聞く方も多いと思います。

この法則は、アメリカのアナリストである「ジョセフ・E・グランビル」が考察し、ローソク足と移動平均線を使って売買タイミングを図っていく、売りと買いの8つのチャートパターンの事です。

ちなみに、1960年に出版された「グランビル氏」の著書で発表されている法則ですが、約50年たった今でも移動平均線を用いたチャート分析の代表作として多くの投資家に活用されています。

では、グランビルの法則を覚えればFXで勝ち続けられる事は出来るのか?

と疑問を持つ方も多いと思いますが、結論から言いますとグランビルの法則だけでは勝つことは出来ません。

ですが、ファンダ要素として意識されやすい内容になってますので、頭に入れておいて取引指標の1つとして役立てて下さい。

4つの売りシグナル

1:戻り売り

 

グランビルの法則「戻り売り」
移動平均線が下目線で下落している時に、ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けた時、そのクロスしているポイントで戻り売りを狙う。

2:売り乗せ

グランビルの法則「売り乗せ」
下落を続けている移動平均線の下で動いているローソク足が、移動平均線に向かって上昇をした後、移動平均線と交差することなく再度下落すること。

3:短期の売り

グランビルの法則「短期の売り」
移動平均線が上昇している時、ローソク足が移動平均線と離れて大きく上昇した場合に、ローソク足が移動平均線まで戻ってくること。

4:新規の売り

グランビルの法則「新規の売り」

移動平均線が上昇後、横ばい、または下降になっている局面で、ローソク足が移動平均線の上から下にクロスすること。

4つの買いシグナル

1:押し目買い

グランビルの法則「押し目買い」
移動平均線が上昇しているとき、ローソク足が上から下に交差したポイントで買う。

2:買い増し

グランビルの法則「買い増し」

上昇している移動平均線の上にローソク足がある時、そのローソク足が下落し移動平均線と交わらず再び上昇すること。

3:短期の買い

グランビルの法則「短期の買い」

移動平均線が下降している時、ローソク足が移動平均線と離れて大きく下降した場合に、移動平均線までローソク足が戻ること。

4:新規買い

グランビルの法則「新規の買い」

移動平均線が下落後、横ばいになるか上昇し始めた局面で、移動平均線とローソク足が交差し、上昇を始めること。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

移動平均線の形とローソク足の位置関係から、売り買いを読み解くグランビルの法則でした。

グランビルの法則だけで勝てないから覚えなくていいや。
と、思うのではなく、1つづつ知識を増やし常勝トレーダーへ一歩づつ進んでいきましょう。

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。