基礎・基本

FXでの移動平均線|テクニカル分析に必須な移動平均線の使い方

テクニカル分析をするにあたって、どんなインジケータを使えば良いのか分からない方にお勧めしたいのが「移動平均線」(別名:Moving Average)です。

また、ファンダメンタルズでトレードする方にも、トレンドを見る時に便利ですのでお勧めです。

移動平均線とは

移動平均線は、ある一定期間の値段の平均値をグラフで表しているもので、トレンド(上昇か下降か)を見極める時に、良く使用されます。

例えば、25日間の平均値なら25日移動平均線となり、75日間の平均値なら75日移動平均線となります。

移動平均線の使い方

ローソク足は始値や終値等の詳細が分かりますが、ローソク足で相場を見ていると細かく上下を繰り返しており、その細かな動きに惑わされて本来のトレンドを見えなくなってしまう事があります。

ですが、移動平均線は一定期間の終値の平均値を連ねているので細かな動きにならず緩やかな曲線を描きます。

この移動平均線の向きを見て、トレンドが上昇なのか下降なのかを確かめる事ができ、期間が長い平均値の移動平均線は大きなトレンドを確認しやすくなっています。

ちなみに、良く使われている移動平均線の期間は、5日線、10日線、25日線、75日線、200日線です。

この中で5日線、10日線、25日線は短期的なトレンドを示しており、75日線、200日線は長期的なトレンドを示しております。

移動平均線が抵抗線の役目になることもあり、特に長期の移動平均線で意識されることがあります。

バイナリーオプションではエントリー根拠の1つ、FXではポジションを入れるタイミングや利確、損切りの根拠として付け加えても良いと思います。

移動平均線のクセをつかむ

移動平均線は、期間を長くすればするほど動きが緩やかになり、大きなトレンドの向きを顕著に表してくれますが、その分値段の変化に対しての反応は遅いです。

値段の変化がタイムリーに反応するのはロウソク足なので、急騰や急落を即座に確認したり、波形を確認する場合はロウソク足を重視して見る事が重要です。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

移動平均線はトレンドの強さや向きを確認するだけでなく、エントリータイミングの1つとしても使われることが分かったと思います。

期間設定については、なぜ上述であげた数字がよく使われているかを一度考えてみて下さい。

自分で考える事によってより、移動平均線を優位に使うことが出来ると思います!

参考になったと思ったら是非、下のボタンからこの記事をシェアしてください。