FX

ローソク足の種類|絶対に覚えておきたい代表的なローソク足の種類

これまでローソク足の作られ方や組み合わせのパターンなどを紹介してきました。
この記事では、ローソク足一本一本にある意味、メッセージを紹介していきたいと思います。

代表的な種類とは

世の中の投資家達が売りと買いを繰り返すことによってつくられるチャート。
そのチャートを構成するローソク足には、投資家達の感情が表れています。

その中でも代表的な種類とは、良くチャートに出現するローソク足です。

中でも、代表的なローソク足の形からは投資家の意図が読み取れ安いので、それを挙げていきたいと思います。

また、一つ注意しておくべきことは「そのローソク足がどこで出現したか」です。

高値圏だから強いもの、弱いもの、安値圏だから強いもの、弱いものと種類は様々ですが、それも併せて紹介していきます。

代表的な形5選

大陽線、大陰線

実体が長いローソク足の事を「大○線」と呼びます。
その「○」に入るのは、上げていれば「陽」下げていれば「陰」となります。

大陽線大陰線

一本のローソク足形成時の始値から終値にかけ、大きく価格が上昇または下降したときに出来るローソク足です。

基本的には、要人の発言などの指標で出現することが多く、このローソク足を起点にレンジをブレイクすることが多いです。

小陽線、小陰線

実体の部分が短く、ヒゲも短いのが特徴のローソク足の事です。
価格に変動がない時に出来やすい形です。

小陰線小陽線

主に指標前や、レンジ、取引量が少ない時間帯で出現することが多いです。

三角保ち合いの終盤で連続して見られると、ブレイクアウトする可能性が大きくなります。

上影陽線、上影陰線

実態に比べて、ヒゲが上に長く伸びているローソク足の事です。

上影陽線上影陰線

上昇する力が弱まっている事を表しています。

上昇トレンドの終盤で出現することが多く、このローソク足を起点に上昇トレンドを終え、相場が転換する可能性が大きいです。

反対語:下影陽線、下影陰線

下影陽線、下影陰線

実態に比べて、ヒゲが下に長く伸びているローソク足の事です。

下影陽線下影陰線

「買い」サインを示していることが多いロウソク足です。

高値圏では天井の可能性を示しており、安値圏では底をつけ上昇に転じる可能性を表しています。

反対語:上影陽線、上影陰線

十字足

別名「寄引同事線」と呼ばれているものです。

十字足

このローソク足は始値と終値が同じ時に出現しやすいものになります。

「買い」と「売り」が拮抗している状態を表しており、取引があまり行われていない時間帯や、下位足、また天井や底をつけた時に出現しやすいです。

まとめ

今回の記事はどうでしたか?

同じローソク足の形でも、高値圏なのか、安値圏なのか、トレンドで出現するのか、レンジで出現するのかで大きく意味合いが変わることが分かりましたね♪

この意味合いを覚えておけば、ローソク足をエントリーの根拠として使えるのでしっかりと覚えましょう。

参考になったと思ったら是非、下のボタンヵらこの記事をシェアしてください!